【アナザーエデン】クロノスの石を無駄なく使う為の考え方

出逢い アナザーエデン

ノポウです。

P5Rコラボの実装と合わせてASミュルスが実装され、ディアドラ外伝でASアナベル、ラディアスの出逢いが実装される予定となっておりますので、出逢いに向けてクロノスの石をためている人は多いのではないでしょうか。

この記事を書いている時点ではP5Rコラボのログインボーナスで貰える石が50個(通常は20個)となっており、広告閲覧で貰える石10個と合わせれば、1日で60個の石が貰えており、ディアドラ外伝が実装されるころには、他の実績による報酬も含めて、無償石だけで出逢いを10連以上は大多数の人が引けるのではないかと思います。

ただ、こういう時は結構モチベーション的な意味で注意が必要で、例えば、ためた石を全て出逢いに使って、お目当てのキャラが引けなかった時のモチベーションダウンでゲームをやめてしまうことにならないようにしたいものです。

有償石の場合は、時間を掛けずにすぐにお金を投じれば手に入るものですから、それでお目当てのキャラが引けなかった場合は、せいぜい「お金の無駄をした」「当分課金はしない」程度の心理にとどまるものです。

一方、無償石の場合、これまで時間をかけてコツコツためた苦労を出逢いにかけるわけですから、これでキャラが引けなかった場合は、その「時間と苦労が無駄」という心理になって、有償石で引けなかった場合よりも心理的ダメージは大きいのではないかと私は分析しています。

どちらの石を消費するにせよ、出逢いで引けるキャラは運次第ですし、出逢いを回さなければお目当てのキャラを入手することはできませんから、お目当てのキャラを狙う時は、心理的ダメージを受けるリスクはある程度覚悟しなければいけません。

とはいえ、何も考えずにお目当てのキャラが欲しいからクロノスの石を出逢いに投じるというのはリスクが高いというか、もっといい使い方があるんじゃないかと思うところがあるので、私なりの石の使い方について話したいと思います。

「出逢い」を回す方針とは。アナダン周回用に「キー購入」も検討しよう。

石の使い道は、「出逢い」かアナダン突入に必要な「キー購入」の2択になると思います。(コンティニューは除きます。)

どちらを選択するかは勿論ユーザ次第で、人ぞれぞれだと思いますが、私なりの一つの方向性を示したいと思います。

  • 「運命の出逢い(有償石1000個消費)」はお金の許す限り積極的に回す
  • 「新規キャラの出逢い」は、そのキャラの性能と、手持ちのキャラ次第で回すか決める
  • 「既存キャラのアナザースタイルの出逢い」は、よほどの高性能でない限り回さない
  • 新規キャラがいなくても戦力が十分の場合は、アナダン周回のためのキー購入に回す

簡単にまとめるとこんな感じです。

基本的に星5が確定する出逢いは天冥値上げも兼ねて、積極的に回すようにします。

「運命の出逢い」は有償石限定になりますので、お金が許す限りは積極的に回して確実に星5キャラの戦力強化を図っていくという考え方ですね。

それ以外は無償石、有償石を消費した使い道になりますが、出逢いに関しては大きく二つに分類していて、新規キャラなのか既存キャラのアナザースタイルで考え方を分けています。

初実装されるキャラである場合は、キャラの性能や魅力、あとは自分の手持ちキャラでは補えない戦力補強になるかという考え方で回すかどうかを決めます。

どこまで引くかは、手持ちの無償石と自分のお財布と相談で笑。

一方、既存キャラのアナザースタイルの出逢いは、アナダンや幻璃境で得られる異節を集めてスタイルチェンジすることでも入手できますから、よほどの高性能でない限り、私の場合は回しません。

ただ、たとえアナザースタイルの出逢いであっても、ノーマルスタイルも持っていない場合は、新規キャラの出逢いと同じ考え方で引いてもいいと思います。

また、もう少し細かい事を言うと、アナザースタイルの真証作成に異節を必要としますので、その点も考慮して、ASキャラは出逢いで引いておいて、異節は全て真証に回したいという考え方もありです。

そして、最終的に上記方針に沿って残った石は、アナダン周回のための「キー購入」に回すという感じですね。

ただ、このアナダン周回も、周回目的が明確になっている時だけに限っていて、特にキャラの戦力強化に意欲的になれない場合は、無理に周回する必要はありません。

そういう時は、石をためておきましょう。

冒頭でも述べましたが、無作為に出逢いに執着してしまうと、お目当てのキャラが引けなかった場合の心理的ダメージが大きくなるリスクが高まります。

感覚的なところで魅力的だから欲しいキャラだから必要以上に追いかけてしまうというケースが危険で、そこは一旦欲求を抑えて、ゲームを進めていく上でそのキャラが本当に必要かどうかを考ええみるといいと思います。

勿論20連までにとどめてお目当てのキャラを引く!という上限を決めてチャレンジするのは全然構いませんが、「なんとなく欲しい」と思って突っ走るのは相当危険ですので注意しましょう。

運営側は売上を伸ばすために、出逢いでリリースされるキャラを魅力的に紹介してくると思いますが、それはそれとして、ユーザ目線(自分目線)でそのキャラが必要かどうかをしっかり判断することが課金スタイルのゲームを楽しむ一つの秘訣だと私は思います。

当然、自分が本当に好きなゲームだけを対象にした話です。

参考になれば幸いです。

それでは、また次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました