【オクトパストラベラー】大陸の覇者のリリースが2020年に延期に

オクトパストラベラー大陸の覇者

ノポウです。

嫌な予感がまさに的中しました。

東京ゲームショウ以降、新情報のアナウンスが一切なかったので、年内はもしかして厳しいのかなと思っていましたが、メインストーリーを安定に提供するためにリリースは2020年に延期が決定したようです。

リリースバージョンであるVer1.0.0はほぼ完成しているという話なので、2020年上期には遅くてもリリースするのではと思っています。

αテストに参加しましたが、この時のクオリティでも十分遊べるレベルでしたので、正式バージョンは相当期待していいと思います。

ちなみに、αテストの動画は3つ(戦闘チュートリアル・導き[ガチャ]・ボス戦)あげていますので、興味のある方は、是非ご覧下さい。

(先行体験版)戦闘指南~基礎編~

オクトパストラベラー大陸の覇者(先行体験版)戦闘指南~基礎編~まずは、戦い方を学ぼう!※ネタバレあり【OCTOPATH TRAVELER】

(先行体験版) 導き「ガチャ」

オクトパストラベラー大陸の覇者(先行体験版)導き~育成~ボス戦!※ネタバレあり【OCTOPATH TRAVELER】

(先行体験版) ボス戦

オクトパストラベラー大陸の覇者(先行体験版)前衛と後衛を入れ替えて強敵を倒そう!※ネタバレあり【OCTOPATH TRAVELER】

αテストの時の感じた課題としては、ユーザインタフェース(UI)でした。

既にアンケート結果からもUIに対する不満が多いと運営よりアナウンスされていましたから、自分の感覚と他ユーザの感覚にズレはない感じでしたね。

特にUIで不満だったのは、戦闘中のブーストで、このブーストがスワイプの大きさでブーストレベルを調整できる仕様でしたが、画面から手を放すタイミングでスワイプした位置がズレて意図したブーストレベルにならないような場面が多々ありました。

このあたりはかなり具体的にフィードバックをしましたので、おそらく運営にもこの声は届いていると思います。

基本的にはスイッチ版のオクトパストラベラーの良さ(シナリオの面白さ・戦闘がシンプルかつ深いこと)を踏襲したスマホゲームに仕上がっている感はαテストの時に感じることはできましたので、個人的には、今私がハマっている「アナザーエデン」というゲームと同じくらいハマれるゲームになるのではないかと期待しています。

アナザーエデンをここで引き合いに出した理由は、「シナリオあってこそのRPG」というゲームに対する個人的価値観で、オクトパストラベラー大陸の覇者は「心に残るRPG」になりうる可能性があると思っているためです。

少なくともアナザーエデンは、私にとって「心に残るRPG」の一つになっています。

ちなみに余談ですが、私はモノリスソフトというゲーム会社がリリースした「ゼノブレイド」というゲームが好きなのですが、その生みの親曰く「RPGはマップが一番重要」だそうで、「シナリオではない」と言っていました。

開発者の目線だと、いいゲームを作るために意識しておくべきことは違うのかもしれません。

ちなみに、アナザーエデンのシナリオライターの加藤正人さんは、いいゲームはテキストとアートと音楽が三位一体となって素晴らしい演出を作り出すものと、サウンドトラックのほうで書いていたような気がします。

マップでそのゲームの世界観と規模が分かり、そこで繰り広げられる演出は、テキストとアートと音楽で決まるという感じでしょうか。

その点をきちんと抑えられたゲームというのは、ユーザの立場でも「相当難しいんだろうな」と感じる一方で、一つでも多くそういうゲームが世にリリースされてほしいとも願っています。

スマホゲームの場合は、買い切りでない限り、基本的には定期的なアップデートを続けて、売れる限り遊び続けられるものですので、いいゲームが一本でれば、相当長く遊べることになります。

個人的にはここ2年くらいは、そういうスマホゲームがRPGというジャンルでは「アナザーエデン」だけでしたので、オクトパストラベラー大陸の覇者がその2本目になることを切に願っている次第です。

一応他にも期待しているゲームはあるのですが、それについてはまた別記事で取り上げたいと思います。

ということで、オクトパストラベラー大陸の覇者は2020年にリリースが延期されましたが、超期待して(1~2月くらいにリリースされることを願って)待とうと思います。

それでは、また次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました